松田矯正歯科ロゴ

トップページ

大切なお知らせ
医院の案内
矯正治療のメリット
大人の方の矯正治療
治療期間が約1/2に短くできるシステム
最新技術情報・ゴムメタルワイヤー
デーモン矯正
早期1次治療
予防矯正
矯正治療の進め方
矯正治療で歯を抜く場合
矯正治療中にご協力して頂く事
矯正治療の種類
矯正治療患者様のホンネ
患者さまの声
あなたの舌は大丈夫?
くちびるトレーニング
矯正料金
よくある質問
お問い合わせ
小冊子プレゼント


うけ口(反対咬合)の矯正治療について

 
早い時期に、1回目の治療を行って頂くと良いと思われます。
(早期1次治療)

開始時期 - 通常、前歯が、乳歯から永久歯に生え替わる時期(小学1〜2年生)より始めます。



少しひどい場合(乳歯の糸切り歯の部分まで反対咬合になっていて、下あごが少しまえに出ている感じがする場合)は、5〜6歳頃より始めます.


良い点一 反対咬合の状態を早く治す事により、以後のあごの成長発育が正常に導かれ、上下のあごの状態を改善出来る可能性が高くなります。

*早期1次治療終了後は、4〜6ヵ月毎に定期的にあごと歯の状態をみせて頂きます。


中学生になる頃に、2回目の治療を行って頂く事が多いです。
(2次治療)

この時期は、あごの成長発育が盛んな時期であり、又12歳臼歯の生える時期でもあるため、再び「反対咬合」になる可能性が出て来る時期です.
*小数ですが、2次治療を行わないで済む方もいらっしやいます。

あごの成長発育が余りに旺盛であったり,、遺伝
的な要因が強い場合は、大人になって(あごの成長発育が止まってから)、手術によって上下のあごの状態の改善をはかる事があります。

矯正治療は、「気づいた時」「治したいと思った時」が、治療開始の時期ですので、どの年齢でも治療は可能です。


○ 早期1次治療に使われる主な矯正装置

チンキャップ装置

主な働き: 下あごを後ろへさげます。
使い方: 家に居る時に使います(睡眠中も含め、毎日14時間位使います)。


スライディングプレート

主な働き: 咬み合わせの深い場合に使い、下あごが後ろへさがりやすくなります。
使い方: チンキャップ装置と同時に使います。

アクチベーター

主な働き: 下あごを後ろにさげます。上の前歯を前に出します。下の前歯を後ろにさげます。
使い方: 家に居る時に使います(睡眠中も含め、毎日14時間位使います)。

リンガルアーチ

主な働き: 上の前歯を前に出します。
使い方: 自分では、取り外しが出来ないので、つけたままです。

プレート

主な働き: 下の前歯を後ろにさげます。
使い方: 自分で取り外しが出来ますが、何か食べる時と歯ミガキの時以外は、1日中使います。


顎間固定(がっかんこてい)装置

主な働き: 下あごを後ろへさげます。上の前歯を前に出します。下の前歯を後ろにさげます。
使い方: 自分で取り外しが出来ないので、つけたままです。
小学3〜4年生以上の人に使います。
小さなゴムを使って治してゆきます。
上には、リンガルアーチを入れます。

*検査の結果により、最適な装置を使って治してゆきます。

○ 2次治療に使う矯正装置

マルチブラケット装置

使い方: 自分で取り外しが出来ないので、つけたままです。小さなゴムを使って治してゆきます
(このゴムが、治る為の原動力で、毎日ほとんど24時間使います)。

・マルチブラケット装置には、種々のタイプがあります。
クォドヘリックス装置

使い方: 上の歯ならびの横幅を拡げる必要がある場合に、マルチブラケット装置と一緒に使います。
自分で取り外しが出来ないので、つけたままです。

松田矯正歯科  〒466-0027 名古屋市昭和区阿由知通4-5 シェブランシュ2F TEL:052-853-3580
コピーライト