松田矯正歯科ロゴ

トップページ

トピックス
医院の案内
矯正治療のメリット
大人の方の矯正治療
T21システム矯正
最新技術情報・ゴムメタルワイヤー
デーモン矯正
見えない矯正
早期1次治療
予防矯正
矯正治療の進め方
矯正治療で歯を抜く場合
矯正治療中にご協力して頂く事
矯正治療の種類
矯正治療患者様のホンネ
患者さまの声
あなたの舌は大丈夫?
くちびるトレーニング
矯正料金
よくある質問
お問い合わせ
小冊子プレゼント


 

2008年11月26日放送分

 

2008年11月26日放送分の「原稿のダイジェスト」です。

アナ
ラジオネーム・マヤママさんからのご相談です。
「5歳の娘の乳歯がでこぼこに生えてきています。娘はお友達と比べると顎がとても小さいのです。このままでは歯が永久歯に生え替わるだけのスペースが無いように思います。永久歯がでこぼこに生える前に、何とかしたいのですが、5歳から矯正するのは早いですか?」という事ですが…
先生、まだ永久歯に生え替わっていない5歳からでも、矯正治療をした方がいいんですか?
先生
そうですね。まず今の状態を矯正治療の専門医に診てもらって、時期を相談するのが良いと思います。一般的には永久歯が生え始める頃、つまり小学校の1年生〜2年生ぐらいから始め、顎の成長が止まる18歳位までの間に、治療をするのが良いのです。顎の成長を利用しながら矯正治療ができますからね。
アナ
顎の成長を利用するというのは、どういう事ですか?
先生
毎年、お子さんの背が伸びるように、顎の骨も成長してゆきます。この時期に顎の成長を促すような装置をつけて、永久歯が良い位置に生えるためのスペースを、なるべく確保できるようにします。
アナ
どんな装置でスペースを確保するのですか?
先生

たとえば、入れ歯のような装置にネジがついていて、そのネジを調節しながらスペースを作ったりしてゆきます。それから、今の段階では、ご家庭でも顎の成長を促すように、よく咬む習慣をつけてあげると良いですね。

アナ
「現代人は、昔に比べて硬い物を食べなくなったから、顎が小さくなった。」なんて言われていますよね。
先生
そうです。ですから、なるべく野菜を大きく切ったり、柔らかい物だけを食卓に並べるのではなく、咬み応えのあるような食品を食べさせるようにしてあげて下さい。それから、12歳ぐらいまで、部分矯正などをしながら、治療することも出来ますので、まずはご相談になると良いですね。
アナ
今の状態を矯正歯科の先生に診てもらった上で、ご家庭でもよく顎を成長させるような工夫を行なって下さいという事ですね。

インデックスに戻る

 

 

 

松田矯正歯科  〒466-0027 名古屋市昭和区阿由知通4-5 シェブランシュ2F TEL:052-853-3580
コピーライト